メニュー

「睡眠時無呼吸症候群」について

[2017.08.12]

こんにちは、院長の中上です。

夜30度前後になり寝苦しい日が続きますね。

 

今日は睡眠障害について少しお話させていただきます。

日本の睡眠時間は、2009年OECD加盟国18か国中でワースト3に入るようです。

大人だけでなく、子供の睡眠時間も同様に短いようです。

 

睡眠時間は一般的な成人で7時間は必要だと言われています。

しかし7時間しっかり眠っていても、その睡眠の質に問題がある人もいます。

 

「睡眠時無呼吸症候群」と言われ、夜間の呼吸停止により心臓血管負担をかける病気です。その症状は眠気、だるさ、頭痛など多岐にわたります。

 

上記症状がある人、また自覚症状がなくとも、ベッドパートナーからのいびきを指摘された方はぜひ受診してみてください。

ブログカテゴリー

ごあいさつ
分類なし

ブログカレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

HOME

ブログカテゴリー

ごあいさつ
分類なし

ブログカレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME